直管型蛍光灯をLEDにする方法

オフィスや公共施設などでよく見かける照明装置として直管型蛍光灯があります。1メートルからそれ以上の長さの棒状の蛍光灯で、天井などに2本セットなどで取り付けるタイプです。蛍光灯なので白熱電球よりも電気代はかからないものの、寿命があまり長くないので定期的に交換する必要があります。そこで、寿命の長いLEDにできないかと考えている施設もあるようです。簡単なのは交流用のタイプで、こちらは従来の蛍光灯と同じように差し込むだけで照明器具として使えて工事は必要ありません。一方、直流型では工事が必要になるので工事費用などがかかる可能性があります。元々の電源施設が古いならこれを機に直流用に変更すると良いですし、新しいなら簡単な交流用でも構わないでしょう。

LEDにすると照明器具がコンパクトになる

公共施設やマンションなどには非常口があり、非常口を示す照明サインがあります。かつては蛍光灯の長さに合わせるための幅や厚さが必要でしたが、最近の照明サインは幅も短く薄くなっています。これは中の照明装置にLEDを使っているからです。家庭においてもいろいろな照明器具がありますが、これまで蛍光灯を利用していた部分をLEDにすれば照明器具をコンパクトにできるかもしれません。蛍光灯の照明器具には天井からぶら下げるタイプがあり、それにぶつかったりするケースもありました。LEDの照明器具だと天井に貼り付けるように設置できる上、広範囲を明るくできます。ぶつかりを防げるだけでなく、より部屋を有効に使えるようになるでしょう。

LEDライトパネルはLEDライトで広告を照らす作りになっているパネルです。現在では技術の進歩によって音声や動画を流すことが可能になり、より高い宣伝効果を得ることが出来ます。