作業を円滑に進めるには事前の届け出が不可欠

工事は作業の内容によって必要な人員や道具類が変わる他、要する時間にも違いがあります。また、工事を行う場所によっては他人の敷地や公道を占有する必要が生じるため、トラブルを避けるには事前の届け出が不可欠です。特に公道を占有する工事については安全を確保するための様々な対処に責任を持つことになるので十分に注意します。車両の誘導や資材の仮置きなど、交通を妨げないように細心の注意を払う姿勢が求められます。場所によっては電線や配管にも注意する必要が生じるので、それぞれの管理者への連絡も併せて行うことが大切です。誤って破損させると重大なトラブルに発展することから、事前に入念な打ち合わせを行うのが安全を保ちながら工事を進める条件になります。

建物の工事は騒音や振動に注意する

建物の建設や解体に関する工事は作業車両の行き来に注意する他、作業時に発生する騒音や振動を軽減させる工夫が不可欠です。特に近隣に住宅や事務所などの建物が林立している地域での工事は近所迷惑になってしまうことから、予め挨拶を済ませておくと共に予防策を講じることが重要になります。遮音性が高い保護シートを使用したり、振動が少ない機器を使うなど周囲への配慮を忘れないようにしましょう。また、作業時に発生したガレキや廃材などのゴミも放置せず、材質ごとに分別して適切な方法で処分するのが社会的な責務です。足場の組み立てや資材を置くと他人の敷地に入り込んでしまう可能性があるので併せて注意することが大切ですが、どうしても敷地の占有が必要な場合は必ず事前に許可を貰うのがマナーです。

中古の建機のオークションは強気の価格設定にするのが確実に落札してもらうコツです。建機類はあまり安くすると重大な欠陥があると疑われるので、市販の中古品より少し安い程度に設定するのが上手に売る工夫です。