水回りのトラブル依頼で多い場所はトイレ

水回りのトラブルと言えば水漏れと詰まりが多く、トイレの場合は後者が頻発しやすいです。トイレットペーパーを大量に流すことが主な原因ですが、水に溶けないものを落として詰まらせるケースもあります。前者は時間を置いてトイレットペーパーを溶かせば解消することがほとんどですが、後者は時間を置いても解消しないので水道業者に依頼するのが得策でしょう。不溶物を落としても家庭用のラバーカップで解決できる場合はありますが、汚水が逆流する可能性があります。衛生的かつ確実に解決するには専門業者に依頼し、早めに詰まりを解消することです。時間とともに詰まりが奥に進行していくと、便器の取り外しや排水管洗浄などが必要になるケースがあるからです。

水漏れが発生したらリフォームも選択肢に

水漏れが発生したら修理業者に依頼する方法が一般的ですが、設備が老朽化している場合はリフォームを検討するのもありです。水を使用する場所は老朽化が進行しやすく、場所によっては15年くらいでリフォームが必要になることもあります。使い方や使用頻度などが寿命に大きく関係してきますが、水漏れ・詰まりが多発するようになったら交換の時期とも言えます。最新の水回りは節水作用が高いので、リフォームをすることで水道代の節約が期待できるでしょう。家族が多いほど節約効果が大きくなるので、特にトイレは10年サイクルで交換するのが好ましいです。最近のトイレは少ない水量で流せるのが特徴ですし、陶器がツルツルで掃除を楽にしてくれるメリットもあります。

水漏れを発見したら、壁の内側などの見えない部分にも発生している恐れがあるので、すぐに専門の業者に直してもらうべきです。