処女膜強靭症はどんな症状?

処女膜強靭症は通常の処女膜より厚かったり、伸びにくかったり、硬くなってしまっている様な症状の事を言います。通常の処女膜の粘膜は、柔らかく厚さは1ミリ程です。日常生活では自覚症状はありませんが、処女膜強靭症の場合は性交渉の度に、激しい痛みと出血を伴います。処女膜強靭症は不妊症の原因になったり、出産の時には難産の原因にもなります。

処女膜強靭症の治療方法?

処女膜強靭症の治療方法は、心理的なものが原因なら、カウンセリングで治る場合もあります。性交渉時の潤滑液が足らないのが原因なら、ローションで対処出来ます。そして生まれつき膣が狭い場合は、切除手術や切開手術を行います。処女膜強靭症の手術は、10分から15分で修了します。入院無しの日帰り手術なので、体への負担もありません。

処女膜強靭症特徴と産婦人科の選択!

処女膜強靭症になる原因は、先天的なものや心理的なものだと言われています。本人が処女膜強靭症と分かるのが、特徴として性交渉中の痛みです。痛みを感じたら、パートナーや医師に相談して見る事が大切です。又処女膜強靭症は普通の産婦人科で、はなかなか診断されないと言う特徴もあります。なので処女膜強靭症の治療経験豊富な、産婦人科を選択する事が大切です。

手術方法と術後のケア!

処女膜強靭症の手術には、静脈麻酔や局部麻酔を使います。なので手術中の痛みはありません。手術後の痛みも殆どありません。手術後で大切なのは心のケアです。性交渉への恐怖心を無くす事が重要なので、医師への手術後の相談や、カウンセリング等も利用します。

処女膜強靭症にはまずカウンセリングを受け、潤滑液を補う対処療法などがあります。生まれつき狭窄があるときは手術も適用になります。