悩みに合う治療が行われます

体の悩み、コンプレックスは人それぞれ違いがありますが、女性器の形やゆるみで悩む人は少なくありません。普段は見えないところだからあまり気にしなくて良いと感じる人もあれば、デリケートな部分だからこそ、深刻に悩んでいる人もあります。

女性器整形は美容外科などで行われていますが、その治療内容としては、膣のゆるみの引き締め、小陰唇縮小、さらに性交痛の緩和のための治療なども行われています。

小陰唇肥大などは見た目の問題だけではなく、汚れが溜まりやすい、下着で圧迫されると痛みがある、さらに尿が飛び散るなど様々な問題が出てきます。

形は他の人と比べることは難しいので、まずは診察を受け治療が必要な状態であるかを医師に見極めてもらいます。

男性医師に抵抗がある人は女性医師が担当してくれる医療機関を選ぶと良いでしょう。

メスを使わない治療もあります

女性器整形ではメスを使った治療が行われることもありますが、デリケートな部位にメスを入れることに不安を感じる人も少なくありません。

最近は美容整形もより進化しており、メスを使わずに悩みを解消できるようになっています。

出産後などの膣のゆるみにはヒアルロン酸注入も効果的ですし、最近は照射を行うことでコラーゲンの生成を促進し、引き締めていくことができるマシンを導入しているクリニックもあります。

治療が成功すればデリケートな悩みも解消することができますが、良い結果を得るためには高い技術力で対応してもらうことが大事です。痛みの少ない安全性の高い治療が行われていること、治療をしたことが他の人にわからないほど自然な仕上がりになるよう、医療機関は慎重に選んでいきましょう。

美容整形外科にて、女性器整形を受けることができます。小陰唇の左右のヒダをバランスよく整え、大きすぎる場合は縮小手術を行います。手術時間は1時間ほどで、翌日からシャワーができます。